バイクローン審査甘い

\バイクの購入資金に!/
スピード審査のカードローン

トップページ > 北海道 > 和寒町

「バイク代が捻出できない」
「バイクローンの審査に通らないかも…」
「審査に申し込んだけど落ちた」
「そもそもバイクローンがない」


バイクローンに関してこんなお悩みを抱えている方におすすめの方法があります!

こちらでは北海道和寒町在住の方にバイクを分割払いで購入できる方法をご紹介しています。

バイクが欲しいけどバイクローンの審査に落ちた…自分の属性だと審査に通る気がしない…。そんな方におすすめなのが銀行系カードローンでバイクの代金を支払うという方法です!

バイクを買うと決めた時、購入資金をどうやって調達するか悩む人は多いと思います。

それほど高くないものでしたら現金で一括払いする方もいらっしゃるでしょうが、すぐに資金を調達するのは無理…という方も多いのでは?

そのような場合はいわゆるバイクローンに申し込むケースが多いですが、バイクローンは意外とデメリットも多いのです。

銀行や販売店で申し込むバイクローンは消費者金融のそれと比べて金利がかなり低いです。

なのでどうせならバイクローンを組みたい、と考える人もいますが、バイクローンの審査は意外とシビアで通りにくいと言われています。

軽い気持ちで申し込んでみたら通らなかった、というのはよくある話です。

カードローンでもバイクを購入できる

バイクローンの審査に落ちてしまったからと言って諦める必要はありません。

銀行や消費者金融のカードローンの場合、提示されている申し込み条件が比較的ゆるいところが多いので、バイクローンの審査には通らなくてもカードローンの審査は通る可能性があります。

とは言えカードローンにも色々な種類がありますから、自分の目的にあったカードローン選びをする必要があります。

下記でバイクの購入におすすめのカードローンを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイクの購入にオススメのカードローンランキング

プロミス(三井住友フィナンシャルグループ)
初めての方は30日間利息ゼロ!
金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%1~500万円最短即日
  • 最短で即日融資も可能(※申し込みの時間帯による)
  • 月々の返済は1,000円からでOK!
  • 在籍確認なしでの借り入れも可能!

【家族や職場にバレることなく融資を受けられる】
「WEB完結サービス」を利用すれば諸々の手続きを全てWEB上で行うことが可能で、カードや書類などが郵送されてくることがないので家族にバレずに融資が受けられます。
また、職場への電話による在籍確認も必要な書類を提出することで回避することもできるので、会社にバレずに借りられます。

【初めての借入限定・30日間無利息サービス】
初めての借り入れ限定ですが、プロミスには無利息期間があるので融資を受けて30日以内であれば利息を払わずにお金を借りられます。


最短30分で審査が可能!
金利(実質年率 最低~最高)借入限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 収入証明書の提出は原則として不要
  • 審査が最短30分で完了!

【30日間利息0円サービスあり】
初めてアイフルを利用且つ無担保キャッシングローンをご利用の場合に限りですが30日間利息0円サービスが適用されます。

【家族にバレずに借り入れできる】
カードが配達される時間帯を選べるので、家族が郵送物を受け取ってうっかりバレてしまう心配がありません。


アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)
14時までに申し込めば最短30分で審査完了!
金利(実質年率 最低~最高)借入限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 20歳以上の学生や主婦でも定期的な収入があれば申し込みが可能
  • 借入額が50万円以下なら原則収入証明書の提出は不要(お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。)

【審査は最短30分で完了】
当日の14時までに諸々の申し込み作業が完了していれば、最短で30分ほどで審査が完了します。

【30日間の無利息期間あり】
アコムで初めて借り入れをする場合、30日間の無利息期間があるので、期間中に返済すれば利息無しで借り入れできます。

北海道和寒町の方向けバイクローンQ&A

バイクローンに申し込んでバイクを買いたいけど審査に通るか不安…バイクローンって本当に良いの?等の不安要素を抱えている方が気になる疑問をQ&A形式でまとめています。

Q.アルバイトやパートでは審査に通らない?

A.一概に通らないとは言えません。

これはローン会社や銀行が提示している申し込み条件がどうなっているかによるので、フリーターだから通らないかどうかというのは断言できません。

前年度の年収や勤続年数等が審査基準になっている場合もありますので、申し込み前によく確認して下さい。

Q.バイクローンの審査に通りやすいのってどんな人?

A.金融機関によってバラバラです。

ローン会社や銀行によって融資が可能な条件は違いますので、「この人なら間違いなく通る」というのはありません。

年収が高くても就業形態や勤続年数を問題視されることもありますし、信用情報を厳しめにチェックされることもあります。

逆に年収が低いのに申し込んでみたらあっさり融資してもらえた、というケースもありますので、どんな人が審査に通るのかというのは一概には言えません。

Q.バイクローンが途中で支払えなくなったらどうなるの?

A.最終的には差し押さえという形になります。

ざっくりと流れを説明するとローンの支払が滞って滞納してしまった場合、まずは電話と書面での督促があります。

それでも支払いがされない場合、裁判所から支払督促申立書が送られてきます。

ここでも支払いができない場合、バイクと給与が差し押さえられてしまいます。

差し押さえまで来てしまうと他のローンが組めなくなったり、いわゆるブラックリスト入りする可能性もあります。

Q.ローンの支払い途中でバイクを売ることはできる?

A.可能ですが手続きが面倒な場合があります。

まだローンが残っている状態でバイクを売る場合、一旦残りのローンを完済して名義を変更する手続きが必要になってきます。(※ローンを組んでいる場合、バイクの名義は販売店や銀行、ローン会社等になっている為)

ちなみにバイクの買取価格よりもローンの残債の方が高いというケースも往々にしてありますので注意が必要です。

Q.バイクローンの審査に落ちちゃった…他に資金調達する方法はないの?

A.カードローンをおすすめします。

バイクローンの審査は結構厳しいので、特に年収が低いわけでもなく信用情報にも傷がない方でも審査落ちすることはあります。

そんな方におすすめなのが銀行系カードローンです。

銀行系のカードローンはバイクローンの審査よりは申し込み条件のハードルが高くない場合が多いので、バイクローンの審査に通らなくてもカードローンの審査なら通ったという方は比較的多いようです。

カードローンと言うと高金利なイメージを抱く人もいますが、最近は低金利をうたっているカードローンも多いので、何かと面倒な手続きや制約が多いバイクローンよりもおすすめです。

デメリットが多い?バイクローンの意外な欠点

バイクローンと言えば低い金利で融資してもらえるのが最大の特徴ですが、その反面デメリットも多いのが事実です。

審査時間が長い

信販系のバイクローンであれば、数時間ほどで審査結果を教えてくれる場合もありますが、銀行の場合は個人差は多少ありますが、基本的に時間がかかることが多いようです。

また、銀行のバイクローンは金利が低い分厳しめに審査をすることが多く、年収が低かったり、信用情報に何かしらのキズがあるような方は審査に通りにくいと考えた方が良いでしょう。

頭金・保証人を要求される

同じ銀行系のローンでもカードローンの場合は要求されることはあまりないですが、バイクローンの場合、保証人を立てることを要求されるケースが多いようです。

頭金の場合は必ずしも必要というわけではありませんが、頭金なしでローンを組むというのはデメリット(諸経費が別途必要だったり、審査基準が厳しくなる、等)が発生することが多いので、一概に頭金がないから良いとは言い切れません。

バイクの所有権が自分にない

通常、バイクを購入した場合、購入した本人が所有権を持つものですが、ローンを組んだ場合は話が変わってきます。

ローンを組んだのが銀行でも店でも、バイクの所有者はあなたではなく銀行や店になります。

これはローンの支払い途中で勝手にバイクを売られてしまうことを避けるためで、基本的にきっちり返済が終わるまでバイクを売ることはできません。

バイクローンの審査に通る自信がない、頭金が用意できない…そんな人にはキャッシングやカードローンがおすすめです!

バイクを購入するならカードローンがおすすめ

審査に通りそうにない、もしくは通らなかったからと言って、バイクの購入を諦めてしまうのはちょっと早いです。

諸々の事情でバイクローンを組むのはちょっと無理そう、という方にはカードローンがおすすめです。

カードローンでバイクを買うメリットは?

初めからバイクの所有者が自分

先述の通りバイクローンを組んだ場合、バイクの所有者は銀行や販売店になります。

しかしカードローンを融資してもらった場合、バイクの所有者は最初からあなたで、もし返済が難しくなったとしても煩わしい手続きをせずにバイクを売却・返済に充てることも可能です。

銀行や販売店でバイクローンを組んだ場合ですが、ローンの残債がある状態で売却することも一応は可能ですが、面倒な手続きが多かったり、最悪の場合売れないこともあります。

審査から融資までが早い

金融機関によって審査時間は違いますが、中には最短30分程度で審査結果が分かるところもあります。

審査が滞りなく進んだ場合、当日中に融資してくれる金融機関もあります。

金利は低い

カードローンは金利が高そう…という印象をお持ちの方も多いと思われますが、最近のカードローンは思ったほど金利が低いのです。

カードローンの金利は利息制限法という法律で上限が設定されていて、常識的な範囲の金利しか設定されていないのでご安心下さい。

まとめ

販売店だろうと銀行だろうと、バイクローンを組む際の審査はそれほど優しいものではありません。

融資金をきちんと返済できないのでは、と思わせるような要素があれば容赦なく落とされます。

ちょっとバイクローンの審査は通る自信がないな…という方は、カードローンの方を検討してみてはどうでしょうか?

バイクローンに関するコラム

高校生から大学生・専門学校生になると大きく変わることがあります。
例としては、車やバイクの免許が取れるようになることです。

車やバイクの免許を取っても本体は高い買い物です。現金一括払いで買うという人はほとんどおらずバイクローンなどのローンの利用を検討すると思います。学生でもローンを組めるの?という質問をよく聞きます。

JAなどの大手の業者なら基本的にバイクローンを組むことはできます。その際、未成年の方は親の承諾が必須条件となります成人していてもアルバイトなどで毎月安定した収入がないとローンを組む際は返済シミュレーションをしてから申し込みましょうね。

ローン審査について調べていると審査に落ちたという人を見かけます。
審査に落ちてしまうのはどうしてでしょうか。落ちる理由として考えられるのはいくつかあります。まず、はじめに考えられるのがフリーターやバイトなど収入が不安定な人が高額なローンを組むと返済できなくなることがあるためです。他にありがちなのがクレジットカードや携帯料金などで支払いに滞納があった場合にも審査に落ちることがあります。



一般的にローン審査の際は信用情報を確認しており、過去のクレジットやローン内容を見て判断します。

これは、バイクローンやマイカーローンなどの専門ローンでも同じです。若者の生活スタイルに合っているとされている乗り物があります。それは手軽で小回りの利くバイクです。特にアルバイトを生業とするフリーターの方が購入を検討しているといったケースも少なくないでしょう。
バイクを購入する際に利用するのがバイクローンです。



バイクローンですが、特に正規非正規の雇用形態指定をしていないことが多く、審査基準としては、毎月どのくらい収入があるかが重視されるようです。貯蓄はあるけど収入がないという場合は審査には通らないと思ったほうがいいです。

ローンを組む際に気をつけたいのが、総量規制に気をつけることと毎月の返済で生活に支障が出ないように設定することです。特にアルバイトでの収入しかないのにボーナス払いを使うのは避けたほうがいいです。マイカーローンや住宅ローンなどの専門ローンについて審査が通過しにくいなんて話を聞いたことはありませんか?そもそものバイクローンの特性について考えてみましょう。

まず、大きなメリットとしては低金利なことです。むしろ、そこくらいしかないとも言えます。


逆にデメリット方が多いという考えの人もいます。
多くの人は販売店で扱っているバイクローンをイメージすると思いますが、完全に支払いが完了するまでバイクの所有権が販売店になっていることが多く乗らなくなったなど売りたいときに売れないというデメリットもあります。バイクローンが通らない時はカードローンの利用も考えてみてはいかがでしょう。

車に比べて安いと言われてもやはりバイクは高い買い物です。

購入資金が足りない時に心強いのがバイクローンです。
ローンを選ぶ際の重要事項、金利について書いていきます。主にバイクのローンはメーカー独自のローンとジャックスなどの信販会社の行なっているローンの2種類に分かれています。利用する際、気になるのが金利だと思いますがバイクショップやディーラーが独自で行うローンや信販会社のローンではショップ側に面倒な書類の準備もある程度任せられます。手続きが楽な分、銀行ローンよりも金利が高い設定になっているのでどちらを選ぶかは個人個人で考えましょう。バイクをローンで買うことを誰にも知られたくないときに保証人が必須だといわれると困りますよね。


バイクローンを組む場合、保証人は必要なのでしょうか?結論から言うと、基本的には必要ありません。
では、一体どんな時に必要になるのか調べてみました。
まず、ローン制度における保証人・担保とは、ローンを組んだ本人が何らかの理由で返済ができなくなった時にその返済を肩代わりする人です。必要な場合は収入が不安定だったり、最近働き始めたばかりの時です。また、すでに会社員として働いており、収入も安定していても未成年の場合は、親の承諾書が必須になります。

北海道和寒町の方向けバイクローンお役立ち情報

\バイクの購入に/
おすすめ1位のプロミス

北海道和寒町でバイクローンの審査に落ちた方必見!